2014年4月30日水曜日

◆2014年5・6月 マドレボニータ各種講座の開催予定◆


2014年5・6月の各種講座開催予定

おもに吉祥寺・杉並区エリアでの開催予定を一覧にしております。(4/30現在)
全国の教室(「産後のボディケア&フィットネス教室」「にんぷクラス」)の
開催一覧はコチラをご覧くださいませ。

新緑眩しく、お出かけしやすい季節になりました。いい汗流して五月病撃退!
お申込みを心よりお待ちしております。

【産後クラス】
●吉岡マコの≪産後のボディケア&フィットネス教室≫(4回コース)
 
5月 8・15・22・29日(木)10:00-12:00【受付中☆】
6月 5・12・19・26日(木)10:00-12:00【受付中☆】
※5月コースは2013年10月31日以降に、6月コースは2013年11月28日以降に
生まれた赤ちゃんは4回通してご一緒に参加できます。
(会場:スタジオアムリタWEST地下1階 講師:吉岡マコ)


【ダンス】
●5月 15・29日・6月 12・26日(木)13-15時 踊れるカラダづくり講座 ≪4回コース≫
踊る楽しさと、全身をおもいっきり使う爽快感をめいっぱい味わえます!
※単発でのご受講大歓迎です☆お申込時にご希望の日程をお知らせ下さい。
(会場:スタジオアムリタWEST地下1階 講師:吉岡マコ)


【ダンス】
●踊れるカラダづくり講座 ≪超基礎≫ ※日時・会場決定次第HPにてお知らせします 
ストレッチと筋トレ中心のメニューです。
踊れるカラダになるための基礎をみっちりやります。
(会場:決定次第HPにてお知らせします 講師:白石あすか)


【集中講座】
●5/12・13(月・火)10:30-16:30産後プログラム指導法集中講座2DAYS
4回コースの構成や内容の詳細、プログラムの根底に流れる理念・フィロソフィー、
レッスン運営の舞台裏やからくり、そして指導者に必要な産後の運動生理学や
解剖学の知識などを集中的に学ぶ、密度の濃い2日間です。
(会場:スタジオアムリタEAST2階ほか 講師:吉岡マコ)


【エクササイズ】
●5/23(金)12:30-14:20 ボールエクササイズ講座/ウォーキング講座 
※会場・曜日新しくなりました!
産後クラスを卒業したら、ぜひこちらへ。
ボールエクササイズとウォーキングのみの講座です。
「体の軸を鍛えたい」「美しく歩きたい」という方はぜひ☆
※生後210日以内(2013年10月25日以降生まれ)の赤ちゃんは同伴可能です。
※ボールエクササイズのみ、ウォーキングのみの単発受講も可能です。
(会場:東高円寺 テリガータバレエスタジオ NEW! 講師:白石あすか)


各講座タイトルをクリックしていただくと詳細ページをご覧いただけます。
お手数ですが、お申し込みフォームへのご記入をお願いいたします。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております!!


(文責:マドレボニータ事務局)


 



***********************************************************************
5/31(土)まで、READY FOR?でクラウドファンディングにチャレンジ中!
「出産後の母親のリアルを伝える本をつくりたい!」
『産褥記3』制作費へのご寄付と情報シェアへのご協力をお願いいたします

出産後1ヶ月間の「産褥期(さんじょくき)」は、特に養生が必要な時期。
しかしこの時期の母親は心身のダメージを受けながらも新生児の世話に追われています。
不調や周囲からの孤立は、産後うつや児童虐待の原因となることも…。
『産褥記3』は出産後の心身の不調やその対処法・予防法といった具体的な情報を含め、
産後の母親の現状を広く伝える1冊にしたいと考えています。
『産褥記3』を一人でも多くの産後女性やパートナー、出産後の母を支えたいと思っている方々に
お届けできるよう、寄付、そして情報のシェアへのご協力をよろしくお願いいたします。
***********************************************************************

【声】マドレ基金『産後ケアバトン制度』ご利用者の声(2014年4月)

ご受講者のみなさまからお寄せいただいたご感想を紹介いたします。
マドレ基金については左のバナーより公式サイトへ★


このたびは産後ケアバトン制度でクラスに参加させていただき、本当にありがとうございました。
元々運動するのが好きな方なのですが、双子を妊娠してから運動できなくなり、出産後は出かけることができなくなって人とも会わなくなり、気力体力ともに低下していたところでした。 

双子の1人をサポートの方が見てくれると聞き、思い切って申し込みをしてよかったです。運動して汗を流す喜び、他のママさんと仕事やこれからについて話し合えること、クラスの内容はどれも今の私に不足していたことを解決してくれました。 
また毎週講座があるので、二人を連れてのお出かけにも慣れることができたのも良かったです。 
本当にありがとうございました。
( 日産スタジアム教室2014年4月コース Y.Aさま)

**********************************
高齢出産の初産で、双子の妊娠~出産でしたので、早産を心配して運動は避けていました。 
産後ケアは健康や美意識の高い女性がするものと思うところがあり、自分にはその努力をする気力も産後は起きず、半年が経ち、身体が自然に回復しないことに直面しました。

 そんな時に吉岡マコさんの著書にあった、「産後はリハビリが必要」という言葉に衝撃を受け、ただ痩せたいとか、お腹をへこませたいという理由の産後エクササイズではなく、リハビリとしての産後ケアが必要なのだと…そしてマドレボニータでは「産後ケアバトン制度」があることを知りました。 

双子をかかえ、産後引きこもりがちだったわたしでしたが、「産後ケアバトン制度」が背中を押してくれました。 初めてのクラスでは、自分の身体をコントロールする難しさを体験して、ついていくのが精一杯でしたが、回を重ねる毎に自分の身体が変わるのを実感しました。 日常のオムツ替えや、家事の時にも骨盤を意識するだけで姿勢がよくなり、わたしの姿勢の変化に気付いた主人まで食事中に姿勢をのばすようになったのは嬉しかったです。 

ワークでは、今まで考えたことがないくらい自分のことについて脳を働かせ、人に伝えることで自分がどうしたいのか、何を選んでいきたいのか、考えることができました。 
毎回クラスの最後に今日感じたことを話す時間に、峰岸先生が皆の話を聴くときの「そうですよね」という相づちがすごく心にしみて、もっときいてもらいたい!!という気持ちになっていて、クラスの皆とも、よい時間を共有できたと感じています。
 クラスでのよい出会いをまた繋げていけたらと思います。
(前橋教室2014年4月コース M.Sさま)

前橋4月クラス 
一週目の様子 http://ameblo.jp/mitakuye-oyashin/entry-11817474222.html
最終回の様子 http://ameblo.jp/mitakuye-oyashin/entry-11844018210.html


**********************************

産後2年が経とうという頃に発覚した腹直筋離開を改善しようと調べ始め、 マドレボニータの公式HPを見つけました。
 HPから伝わる安心感と、ケアバトン制度のおかげで、普段引きこもりがちな私でも参加しようと思うことができました。 

エクササイズを受けて数日、離れてしまった腹筋の溝に薄い膜ができたような感覚がありました。 教えていただいた体を動かす時のポイントを普段の自宅でのトレーニングに活かして、腹直筋離開を一日も早く治したいと思います。 

またシェアリングを通じ、他に参加されていたママとも仲良くなれました。 教室以外の場所でも集まり、その繋がりで私と同じ一卵性双子の女の子のママとも知り合うことができました。 
夫からも、最近充実してるねと言われます。 どうもありがとうございました。
(吉祥寺教室2014年4月コース R.Kさま)









---------------------------------------------------------------------------------------------
Information



妊娠したら『にんぷクラス』へ!妊娠12週から臨月まで参加OK☆
新刊『産褥記3〜四女の産後一か月の日記&伝えたい産後のリアル』マドレストアで発売中です
リーフレット『妊娠中~産後の過ごし方ガイド』ダウンロードはこちらから☆
【公式サイト】http://www.madrebonita.com

【Facebook】http://www.facebook.com/NPOmadrebonita
【Twitter】http://twitter.com/madrebonita

2014年4月29日火曜日

【声】会員さんからのメッセージご紹介~マドレの門を叩くのを迷っている人、存在すら知らない人に~

こんにちは!マドレボニータ事務局の北澤ちさとです。

北澤 ちさと

4月はREADYFOR?のスタートや、会員さん主催による
マドレボニータデイカップル講座の開催、
そして日経ソーシャルイニシアチブ大賞国内部門賞受賞など、
マドレボニータにとって春らしい弾むニュースが目白押しでした。

来月からの産後のボディケア&フィットネス教室
どうぞ皆さま、お待ちしております!


さて、今日はNPO法人マドレボニータの会員として、
活動を応援くださる方からのメッセージをご紹介いたします。

昨年、産後のボディケア&フィットネス教室に参加後、
NECワーキングマザーサロン調布チームのサポーターとして
活動してくれた、正会員の鈴木深雪さんからのメッセージです。

この春は、復職と同時に今年度のワーキングマザーサロンの
進行役にチャレンジしている「みゆきちゃん」。
入会メッセージにその原動力ともなる熱い思いを綴ってくださいました。

**********************************

1年3ヵ月前の出産で、子どもを連れて外出することすら
ままならない現実に大変ショックを受けました。
今まで、ある程度のことが自分の裁量の中でこなすことが
できていたのに、そうではない現実に愕然としたことを思い出します。

産後3ヵ月で初めて産後クラスに参加。息子と私にとって、
電車に乗って2駅。初めての大冒険でした。
そして、母ではない私としてクラスに参加できること、
私を肯定してもらったようで本当にうれしかったです。

クラス参加をきっかけに、カレンダーに予定が増えていき、
夫婦の会話は深まり、また自分自身と向き合う時間が増え、
本当に私の意識が大きく変わりました。

息子にとってはマドレが初めての社会デビュー。
こんな素敵な場が彼にとっての初めてで本当に良かったと思います。
あの時、思い切って電車に乗ったからこそ、私の今がある。と心底思います。
そんな母子を一人でも多く、との思いを込めて入会を決めました。

マドレの門を叩くのを迷っている人、存在すら知らない人に
このマドレ精神が届きますように。


(正会員 東京都日野市:鈴木深雪さん)


ワーキングマザーサロン調布チームでの一枚(鈴木さんは左端です)

**********************************

みゆきちゃん、ありがとうございました!
今年度のワーキングマザーサロンも期待しています☆


マドレボニータの会員さんは、現在約350名。
正会員・賛助会員・法人会員という区分があり、
NECワーキングマザーサロンや、各地での講座開催、
会報や産後白書のボランティアスタッフやり―フレット普及など、
さまざまな形でマドレボニータの活動をご支援くださっています。

2013年度は、会員数500名を目標に掲げて活動しております!
(会員制度の詳細は、公式サイトのこちらのページでご案内しております)

賛助会員は、2年間・5,000円からお受付しております。
一日あたり6.8円★で、産後ケアを広める仲間になってくださる方、
ぜひぜひお待ちしております!

●マドレボニータ会員募集のご案内はこちらから

●入会お申込みフォームはこちらから

(文責:マドレボニータ事務局 北澤ちさと)





***********************************************************************
Information 


5/31(土)まで、READY FOR?でクラウドファンディングにチャレンジ中!
「出産後の母親のリアルを伝える本をつくりたい!」
https://readyfor.jp/projects/sanjokuki3 
『産褥記3』制作費へのご寄付と情報シェアへのご協力をお願いいたします

出産後1ヶ月間の「産褥期(さんじょくき)」は、特に養生が必要な時期。
しかしこの時期の母親は心身のダメージを受けながらも新生児の世話に追われています。
不調や周囲からの孤立は、産後うつや児童虐待の原因となることも…。
『産褥記3』は出産後の心身の不調やその対処法・予防法といった具体的な情報を含め、
産後の母親の現状を広く伝える1冊にしたいと考えています。
『産褥記3』を一人でも多くの産後女性やパートナー、出産後の母支えたいと思っている方々に
お届けできるよう、寄付、そして情報のシェアへのご協力をよろしくお願いいたします。


マドレボニータ公式サイト http://www.madrebonita.com/
マドレボニータ公式Facebook https://www.facebook.com/NPOmadrebonita
マドレボニータ公式Twitter https://twitter.com/madrebonita

リーフレット『妊娠中~産後の過ごし方ガイド』普及にご協力ください
詳細ページよりPDFのダウンロードもできます
http://www.madrebonita.com/wordpress/?page_id=13613

"gooddo(グッドゥ)"からの応援も引き続きお願いします。
「毎日応援クリック」は10位以内に入ることで毎週6000円の支援となります。
http://gooddo.jp/gd/group/madrebonita/?md=fb

読み物満載の月間メールマガジン『マドレ★タイムズ』もぜひご購読ください!
バックナンバーページ
(このページからメルマガ登録ページもご案内しています)
http://bit.ly/1aMkUHf
直接登録フォームに進みたい方はコチラから(1分で登録完了!)
http://bit.ly/11Y2OvV


***********************************************************************

2014年4月24日木曜日

【ご報告】日経ソーシャルイニシアチブ大賞・国内部門賞を受賞しました

こんにちは、マドレボニータ事務局の北澤ちさとです。

このたび、日本経済新聞社主催の「第二回 日経ソーシャルイニシアチブ大賞」において
マドレボニータが【国内部門賞】を受賞いたしました。

▼日経ソーシャルイニシアチブ大賞 公式ページ
http://social.nikkei.co.jp/

▼日本経済新聞 電子版 速報記事
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1502X_T20C14A4CR8000/

この日経ソーシャルイニシアチブ大賞は、
さまざまな社会的課題をビジネスの手法で解決する「ソーシャルビジネス」の
健全な発展と一層の理解促進のため、当分野の優れた取り組みを表彰するもので、
今回は応募総数401団体の中から受賞7団体に選出していただきました。
大変ありがたく光栄に思います。

1998年より改良を重ね続けている『産後のボディケア&フィットネス教室』をはじめ、
多数の会員・ボランティアのみなさまに支えられている
日本電気株式会社さまとの協働事業『NECワーキングマザーサロン』や、
ひとり親・多胎児の母等の受講を支援する『産後ケアバトン制度』(マドレ基金)
さらに固定オフィスを持たない独自の事務局運営など、
これまで試行錯誤しながら取り組んできた実績を評価いただけたものと
受けとめております。

今後とも、団体のビジョンの実現に向けて日々精進してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

【NPO法人マドレボニータのビジョン】
1)産後ケアの必要性を社会のすべての人に啓発する
2)マドレボニータの産後ヘルスケアプログラムをひとりでも多くの産後女性に届ける
3)「美しい母」文化の旗振り役となり、市民が力を発揮するための
  プラットフォームであり続ける




NPO Madrebonita is honored as the Nikkei Social initiative award for the domestic sector.
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1502X_T20C14A4CR8000/
(*Japanese only)

This award is hosted by Nihon Keizai Shimbun Inc to recognize organizations and companies that make tremendous contribution to solve social problems.
401 organizations and companies applied for the contest this year. NPO Madrebonita is in the recognition of the outstanding achievements to provide phenomenal support to postpartum mothers through the unique healthcare program, and is selected as 7 finalists in the contest.

For more information on NPO Madrebonita, please visit our website!
>> NPO Madrebonita (ENGLISH)


 


***********************************************************************
★マドレボニータからのお知らせ★
5/31(土)まで、READY FOR?でクラウドファンディングにチャレンジ中!
「出産後の母親のリアルを伝える本をつくりたい!」
https://readyfor.jp/projects/sanjokuki3 プロジェクト終了まであと37日 現在達成率55%!
『産褥記3』制作費へのご寄付と情報シェアへのご協力をお願いいたします

出産後1ヶ月間の「産褥期(さんじょくき)」は、特に養生が必要な時期。
しかしこの時期の母親は心身のダメージを受けながらも新生児の世話に追われています。
不調や周囲からの孤立は、産後うつや児童虐待の原因となることも…。
『産褥記3』は出産後の心身の不調やその対処法・予防法といった具体的な情報を含め、
産後の母親の現状を広く伝える1冊にしたいと考えています。
『産褥記3』を一人でも多くの産後女性やパートナー、出産後の母を支えたいと思っている方々に
お届けできるよう、寄付、そして情報のシェアへのご協力をよろしくお願いいたします。

マドレボニータの各種講座開催予定はこちらからどうぞ

リーフレット『妊娠中~産後の過ごし方ガイド』普及にご協力ください
詳細ページよりPDFのダウンロードもできます
http://www.madrebonita.com/wordpress/?page_id=13613

"gooddo(グッドゥ)"からの応援も引き続きお願いします。
「毎日応援クリック」は10位以内に入ることで毎週6000円の支援となります。
http://gooddo.jp/gd/group/madrebonita/?md=fb

読み物満載の月間メールマガジン『マドレ★タイムズ』もぜひご購読ください!
バックナンバーページ
(このページからメルマガ登録ページもご案内しています)
http://bit.ly/1aMkUHf
直接登録フォームに進みたい方はコチラから(1分で登録完了!)
http://bit.ly/11Y2OvV
マドレボニータ公式サイト http://www.madrebonita.com/
マドレボニータ公式Facebook https://www.facebook.com/NPOmadrebonita
マドレボニータ公式Twitter https://twitter.com/madrebonita

***********************************************************************

2014年4月21日月曜日

【カップル向け】『カップルのための産前・産後セルフケア講座 in 東村山』開催しました☆

こんにちは。マドレボニータ事務局の太田智子です。

昨年末に助成が決定した『第1回西武街づくり活動助成金』
NPO法人マドレボニータがこの助成で行う事業は、カップル講座です。
今月から来月にかけて、都内3箇所で行うカップル講座の記念すべき第1回が、
昨日4/20(日)に東村山市の中央公民館で開催されました☆

講師を担当したマドレボニータ認定産後セルフケアインストラクターの永田京子が、
早速報告ブログを書いてくれましたので、ご紹介させていただきます。
永田インストラクターは所沢と田無で『産後のボディケア&フィットネス教室(4回コース)』を、所沢で『にんぷクラス』を担当する他、近隣地域での単発講座も精力的に行っています。

***
こんにちは。永田京子です。
今日は待ちに待った、夫婦で取り組む、カップル講座の日!

●マドレボニータ×西武信金×市民● 

「カップルのための産前・産後セルフケア講座 in 東村山」を開催いたしました! この講座は西武信用金庫さまの助成事業で開催させていただいています。

今回の講座ってすごいんですよ。何がすごいって?ふつう、講座開催の運営って、主催している団体がすると思うじゃないですか。今回のこの講座は違うんです。開催までの準備も含めて市民の力(産後クラス卒業生)で運営しました。チームとして名乗りをあげてくれたのは、「トコTama☆ボニータ」のメンバー、おがきょんちゃん、きびちゃん、まいまい、タミー、えりちゃん、ゆみちゃんの6人が主体となって開催準備をすすめてきました。 

 受付開始のその日中にお申し込みが相次ぎ、満員御礼になったときは興奮^^
前のめりに参加申込みくださったみなさまにお会いできるのが楽しみでした!  


●「こ、これは修行だ!」カップルで産後のリハビリ●

いよいよ、迎えた当日!「痩せたい!(男性)」「運動不足!」「産後クラスに参加してよかったので、それをパートナーと共有できるのが嬉しい!」、「妻が楽しそうにクラスに通っているので気になっていた」という声も。さっそくバランスボールを使って体を動かしていきます。普段は産前・産後の女性を主に対象にしているので、リフレッシュという気持ちで参加されたかたは驚いたかもしれません。これは、産後の女性のリハビリ。体の回復を目的としているエクササイズですので、しっかり負荷をかけていきます。たっぷり動いて汗を流し、「こ、これは修行だ!」とおっしゃる男性も^^だけど、エクササイズが終わったあとは、スッキリ気持ちいい~!!! 

●夫婦でも話してみないとわからない●

 後半は、「シェアリング」。たっぷり体を動かした後は、頭を使っていきます。子どもがうまれ、母になった、父になった、「人生・仕事・パートナーシップ」について考えて言葉にしていきます。子どもが生まれると、環境も変化する。その変化に対応するには、たとえ夫婦どうしであっても、「あうんの呼吸で!」とか「察してほしい」とかでは伝わらないので、具体的に言葉で伝えるということが必要になってきます。

とはいえ、なかなかこれからの人生について話すきっかけがないし、気恥ずかしいんですよね。面と向かって、一緒に暮らしてる相手に自分の思いを伝えるって。「言わなくてもわかってるかな?」と思ったり、産後で体力が落ちていると女性側は伝えるのも面倒になったり、「どうせあいつに言ってもわかってくれない」「仕事で忙しそうだから悪いし」「もしも言ってケンカになったら傷つくから」なんて先回りして考えて、言いたいことをひっこめちゃったり。

講座ではたった3分だけど、相手の話に耳を傾けます。「思いを聞いてもらえたのが嬉しかった」、「普段、よく話しているけど、相手のしらなかった一面をしれた」、「妻の趣味が多彩だなと改めて思った、自分も探していきたい」、「面と向かって話すって気恥ずかしかったけど、こういう時間は意図的に作っていきたい」という声も。   

ぜひ、家に帰ってからも、伝えたいことは「言葉」で伝えてみてくださいね。

参加くださったみなさま、トコTamaのみなさま、今日はほんとうにありがとうございました!また、ぜひお会いしましょう~!!      

講座後の振返りは、東村山でとれたお野菜をだしてくれるカフェ、
クリーズにて。ごはんもケーキも、美味しかった~!!


***
熱気伝わる開催報告、いかがでしたでしょうか?
今回実行委員をつとめてくださいました「トコTama☆ボニータ」のみなさんのFacebookページはこちらです。

西武信用金庫の助成金事業のカップル講座は残り2回、中央区(5/18(日))、中野区(5/31(土))にて開催いたします。中央区開催分は定員になり受付終了となりましたが、キャンセルが出た場合は追加募集を行います。中野区開催分は4/30(水)より受付開始いたします。
詳しくはマドレボニータ公式サイトのこちらのページよりご確認ください☆


  


***********************************************************************
★マドレボニータからのお知らせ★
5/31(土)まで、READY FOR?でクラウドファンディングにチャレンジ中!
「出産後の母親のリアルを伝える本をつくりたい!」
プロジェクト終了まであと40日 現在達成率54.6%!(4/21現在)

『産褥記3』制作費へのご寄付と情報シェアへのご協力をお願いいたします
出産後1ヶ月間の「産褥期(さんじょくき)」は、特に養生が必要な時期。
しかしこの時期の母親は心身のダメージを受けながらも新生児の世話に追われています。
不調や周囲からの孤立は、産後うつや児童虐待の原因となることも…。
『産褥記3』は出産後の心身の不調やその対処法・予防法といった具体的な情報を含め、
産後の母親の現状を広く伝える1冊にしたいと考えています。

『産褥記3』を一人でも多くの産後女性やパートナー、出産後の母を支えたいと思っている方々にお届けできるよう、ご寄付、そして情報のシェアへのご協力をよろしくお願いいたします。



リーフレット『妊娠中~産後の過ごし方ガイド』普及にご協力ください
詳細ページよりPDFのダウンロードもできます

"gooddo(グッドゥ)"からの応援も引き続きお願いします。
「毎日応援クリック」は10位以内に入ることで毎週6000円の支援となります。

読み物満載の月間メールマガジン『マドレ★タイムズ』もぜひご購読ください!
バックナンバーページ
(このページからメルマガ登録ページもご案内しています)
直接登録フォームに進みたい方はコチラから(1分で登録完了!)
マドレボニータ公式サイト http://www.madrebonita.com/
マドレボニータ公式Facebook https://www.facebook.com/NPOmadrebonita
マドレボニータ公式Twitter https://twitter.com/madrebonita

***********************************************************************

2014年4月16日水曜日

【お知らせ】 消費税増税にともなう受講料改定について

【マドレボニータ事務局よりお知らせ】
消費税増税にともなう受講料改定について

日頃よりマドレボニータの活動を応援いただき
ありがとうございます。

4月1日からの消費税率改正に伴い、
全国の『産後のボディケア&フィットネス教室』の受講料を
6月コースより下記の通り改定いたします。
(すべて税込価格)
なお、一部の提携教室及びにんぷクラスは従来通りといたします。

現行受講料15,000円の教室: 新受講料15,120円(税込)
現行受講料12,000円の教室: 新受講料12,420円(税込)
現行受講料10,000円の教室: 新受講料10,260円(税込)

※お申込みの際は、必ず上記公式サイトの教室一覧ページにある教室名をクリックし、
担当インストラクターのブログにて詳細をご確認ください。


なお、吉岡マコの産後のボディケア&フィットネス教室および
各種講座の受講料は、4月1日以降の開催より下記の通り改定しております。
(すべて税込価格)

吉岡マコの産後のボディケア&フィットネス教室(吉祥寺):21,600円
   ※杉並子育て応援券利用上限:15,000円

踊れるカラダづくり講座
・4回コース:17,280円(単発受講:4,500円/回)
   ※杉並子育て応援券利用上限:3,000円/回
・超基礎:3,240円
   ※杉並子育て応援券利用上限:2,000円/回

ボールエクササイズ&ウォーキング講座
・各2,160円(ボールレンタル料:500円)
   ※杉並子育て応援券利用上限:1,500円/回

産後プログラム指導法集中講座2DAYS:32,400円

みなさまへのご負担が少々増えてしまい、大変心苦しいのですが、
どうぞご理解いただければ幸いです。

4月・5月の講座もお受付しております。
暖かくなってきた春こそ、赤ちゃんとのお出かけや、一時保育を利用してのご参加はいかがですか?
マドレボニータの教室でお待ちしております!

(文責:マドレボニータ事務局 北澤ちさと)
◆全国の『産後のボディケア&フィットネス教室』はこちら

2014年4月15日火曜日

【イベント報告】会員マドレボニータデイレポート!~第二部、分科会~

4/13開催・会員さんによる会員交流イベント「会員マドレボニータデイ」。
実行委員長の鈴木美穂さんによる報告のラスト、分科会のレポートです!
第一弾はこちら ◆第二弾はこちら

**********************************
さてさて、会員マドレデイレポート、第二部 分科会編です。


【広報(ニューズレター、ブログなど)~どうしたら伝わる?ムネアツな気持ち】
進行役:ななちゃんこと光瀬奈々江さん(杉並:ムネアツ編集部)

☆こんな話題が出ました!☆
・まずは体験してもらうこと、体験したことを口コミで広める
・口コミで広めるには繋がりが必要
・妊婦、男性、年配者など多様な世代にアプローチしたい
・行政との連携が必要
















【チーム起こし~地域の仲間とつながって、始まろう!~】
進行役:よっしーこと吉田志保さん(城南:マドレ城南正会員の会(仮))

☆こんな話題が出ました!☆
・チームの意義・・知恵を持ち寄れる、セーフティネットにもなり得る
・一緒に作業(ニューズレターなど)をする事で、仲が深まり、もっと活動したくなる
・活動することで、自分の中に考えの芽が生まれる。それが意義あるのでは
・熱い気持ちを表に出す仕組み、仕掛けは必要

















【自分にしっくりくる関わり方を考える~「チームに属さない」から始まる会員活動あれこれ】
進行役:のもゆみさんこと野本由美子さん

☆こんな話題が出ました!☆
・講座開催など、イベントをやる事が自分がやりたいことではないかも。
その時々の状況に合わせて、何を自分がやりたいのかを見直していきたい
・チームに属さない=繋がらない、ではない
















【行政との協働~地域とマドレ、よりつながっていくには?】
進行役:がーこちゃんこと保坂由希さん(西東京チーム)

☆こんな話題が出ました!☆
・行政と繋がるのは大事!ただ、担当者が興味を持ってくれた、など、
運の要素が大きいのが現状。それを打破するには、国から攻める!?
・産院にリーフレットを依頼したら置いてもらえなかったりしたが、医師会にお願いしたり、
別のルートを開拓。
・ローラー作戦もいいかも!?

・産後ケアの「必要性」の部分だけでも国に認識させるには?


















【講座開催~講座に「参加する」から、講座を【開催する】へ!】
進行役:たっきーこと滝澤優子さん(ベイエリア)

☆こんな話題が出ました!☆
・地元で体験会を!というモチベーションがチーム結成&会員活動の原点
・定期的に開催することで、”ここに行けばチームの皆に会える”という場所にも
・メンバーの得意なものを知る事ができ、「持ち寄る」事ができる
・初めての人に伝えるには?
















そんな白熱した分科会、他チームのディスカッションも知りたい!
という事で、全体シェアリングの時間も設けました。
















濃い~3時間が終わり、もう一人のリーダー、たっきぃから終わりの挨拶。
ランチ場所など、大切な情報!!も伝えてもらいました(^^)
この後、飲みに行った方々もいたとか。
こういう再会の場所になるのも嬉しいですね!
















残念ながら前半参加の方は写っていないのですが、集合写真!
本当に楽しい3時間でしたね!
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!!

会員マドレデイ、
「楽しい時間を共に過ごした参加費で、次の誰かの産後ケアに繋げていく」
ために、経費を除いた全額をマドレ基金に寄付する、
ファンドレイジングイベントでもあります。
今回、81,119円をマドレ基金に寄付することができました!
皆様、本当にありがとうございました!















閉会後は、スタッフで振り返りミーティング!
















こんなに楽しい会員マドレデイ、ぜひぜひ第二回もやりたいですよね!
実行委員会、ぜひぜひ次はやりたい!という方、ぜひお声掛け下さい。
また春あたりに企画するんじゃないかなーという予感がしています!

以上、会員マドレデイレポートでした!
参加した気持ちになって頂けたでしょうか。

【妄想は口にして人を巻き込むと構想になり、実行すると更なる妄想が
生まれて・・(以下、エンドレス)】
を、実感した今回の会員マドレデイでした。
また更なる妄想の真っ最中です(^^)
またどこかで、皆様にお会いできる事を楽しみにしています。

よねこさん、ありがとうございました!!

その他の参加者のブログの感想などもご紹介いたします。
違うって面白い!を地で行く世界 ~会員マドレボニータディ
(総合司会と分科会進行役をつとめたマドレボニータスタッフ野本由美子のブログ)

イベントの熱気と雰囲気がよくわかる動画(会員でイベント実行委員の方の力作!)もぜひご覧ください☆

マドレボニータの会員活動に興味を持ってくださった方は、
ぜひ公式サイト「会員募集のご案内」をご覧くださいませ。



***********************************************************************
★マドレボニータからのお知らせ★
5/31(土)まで、READY FOR?でクラウドファンディングにチャレンジ中!
「出産後の母親のリアルを伝える本をつくりたい!」
https://readyfor.jp/projects/sanjokuki3 プロジェクト終了まであと46日 現在達成率39%!
『産褥記3』制作費へのご寄付と情報シェアへのご協力をお願いいたします

出産後1ヶ月間の「産褥期(さんじょくき)」は、特に養生が必要な時期。
しかしこの時期の母親は心身のダメージを受けながらも新生児の世話に追われています。
不調や周囲からの孤立は、産後うつや児童虐待の原因となることも…。
『産褥記3』は出産後の心身の不調やその対処法・予防法といった具体的な情報を含め、
産後の母親の現状を広く伝える1冊にしたいと考えています。
『産褥記3』を一人でも多くの産後女性やパートナー、出産後の母を支えたいと思っている方々に
お届けできるよう、寄付、そして情報のシェアへのご協力をよろしくお願いいたします。

マドレボニータの各種講座開催予定はこちらからどうぞ

リーフレット『妊娠中~産後の過ごし方ガイド』普及にご協力ください
詳細ページよりPDFのダウンロードもできます
http://www.madrebonita.com/wordpress/?page_id=13613

"gooddo(グッドゥ)"からの応援も引き続きお願いします。
「毎日応援クリック」は10位以内に入ることで毎週6000円の支援となります。
http://gooddo.jp/gd/group/madrebonita/?md=fb

読み物満載の月間メールマガジン『マドレ★タイムズ』もぜひご購読ください!
バックナンバーページ
(このページからメルマガ登録ページもご案内しています)
http://bit.ly/1aMkUHf
直接登録フォームに進みたい方はコチラから(1分で登録完了!)
http://bit.ly/11Y2OvV
マドレボニータ公式サイト http://www.madrebonita.com/
マドレボニータ公式Facebook https://www.facebook.com/NPOmadrebonita
マドレボニータ公式Twitter https://twitter.com/madrebonita

***********************************************************************