2016年2月27日土曜日

【産後ケアバトン+制作日誌】産後ケアアプリ「ファミリースタート」の使用感を聴いてみました

みなさん、こんにちは。マドレボニータの林です。

アプリ「ファミリースタート」のAndroid版がいよいよブラッシュアップの段階に入りました。

この日、マドレボニータの正会員であり、妊娠中のひろちゃんとそのパートナーのハルさんにみどり荘2に来ていただき、テスト用のAndroidに入った「ファミリースタート」を使ってみてもらいました。

その場で使ってもらって、率直なご意見を聞き、この後のアプリの改善に反映させていくのです。


説明も含めて、大体約2時間くらい、お二人は丁寧にアプリを使ってみて、たくさんフィードバックをしてくださいました。
こうやって、作ったものを実際に触ったり、使ったりしてもらい、それをすぐに反映させていく、そしてまた触ったり使ったりしてもらう、この後はこれを繰り返して、より良いものにしていきます。




並行して、プレゼントの仕組みの検討を行っています。
また、3月の半ばに行う、とあるキャンペーンの準備も実施中です。

そうそう、アプリの中でお役立ち情報として盛り込むコンテンツの中でも、もっとも説得力を持った「先輩たちの声」を集める準備も進めていますよ。

これから「産後」を迎える夫婦が、より良い産後とパートナーシップ、子育て環境を築けるように、皆さんの貴重な体験談をアプリでシェアする。

これも、次に産後を迎える人たちにバトンを渡す1つの取り組みと考えています。




2016年2月23日火曜日

【産後ケアバトン+制作日誌】Civic Tech Live!でアプリ「ファミリースタート」を紹介

みなさん、こんにちは。
マドレボニータの林です。

Googleインパクトチャレンジへの応募で大変お世話になったCode For Japanさんによるイベント、Civic Tech Live!でアプリ「ファミリースタート」を紹介させていただきました。
このイベントは、Code for Japanさんが毎月開催するイベントのLT(ライトニングト−ク) &ゲストスピーチをお酒も入った砕けた雰囲気で、会場とステージの隔てなく自由にトークを楽しむイベント。



Civic Techって何?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
直訳すると「市民テクノロジー」、言ってみれば、地域課題解決の為の技術です。
市民がテクノロジーを活用して公共サービスなどの地域課題解決を行うことを指しています。
これまで行政だけではサポートできなかった分野でのサービスを行ったり、市民自身がより深く行政のプロセスに参加したり、公共分野でのイノベーションを起こすことができるのではないかと、欧米などで盛り上がりを見せている分野です。

例えば、Code For Tokyoによる保育園マップ。行政が自分の市区町村の範囲のみの保育園を紹介しているのに対し、東京都内の広範囲にわたる保育園の種類や所在地のデータをマッピングしています。

このイベントの冒頭でCode For Japan代表の関さんもおっしゃっていたのですが、このCivicTechを盛り上げるためには、行政、NPO、企業、市民といった様々なステークホルダーの間をつなぐハブになる存在が必要とのこと。
かくいう私もそんな存在になれたらと思っていたので、この場に登壇できたのは大変光栄でした。

私たちが扱っている産後ケアというものがどういうものなのか、そして、どんなことを目指してアプリを開発しているのか、10分弱の時間でしたが、温かく、そして熱心に聞いていただきました。
私たちが制作中のアプリ「ファミリースタート」は、企業とNPOで社会課題解決を加速させるということで、Civic Techの文脈でこちらのイベントにご参加のみなさまに、注目していただき、応援のお声がけをいただきました!




2016年2月17日水曜日

【産後ケアバトン+制作日誌】β版の位置付けとアンケート結果

みなさん、こんにちは。
マドレボニータの林です。

産後ケアバトン+プロジェクト、いよいよ今月末のβ版のリリースに向けて、アプリ「ファミリースタート」の作り込みを行っています。
ところで、今回のβ版はどんな位置付けなのか?というところも改めて整理しました。
「ファミリースタートβ版」の目的
  • バグフィックス
  • デザイン・機能などユーザーからの意見の吸い上げ
「ファミリースタートβ版」の実現方法
  • クローズド公開
  • フィードバックしてもらう仕組みを入れる
というわけで、今回のβ版はAndroid版 だけで、限定的にユーザーテストを実施するためのリリースという感じになります。
個別に検証機を使っていただいて、ヒアリングを実施したり、Android端末をお持ちの方には、ご自分の端末にダウンロードして使ってみてもらったりということをしようと考えています。

また、いよいよ産後ケア教室のチケットプレゼントの仕組みの本格的な設計に着手しました。
まずは、一番プレゼントをしてくださる可能性の高い、会員さんにアンケートを実施してみました。
いくつか質問させていただいたのですが、そのうちの1つ、プレゼントは何の教室のチケットがよいか?という質問に対して、37名中33名の方が産後4回コースとお答えくださっていました。


ある程度私たちも推測して検討、設計していますが、こうやって逐一意見をいただきながら、進めていければ、ご利用いただける皆さんのニーズに沿ったものができると考えています。

2016年2月8日月曜日

【産後ケアバトン+制作日誌】アプリアイコンの検討


こんにちは、マドレボニータの林です。

今週はアプリの顔とでもいうべき存在、「アイコン」を検討しました。
アプリをダウンロードする時、また日々スマートフォン上で操作する時、使う人が頻繁に目にするアイコンのデザインはとても重要。

まずは、アプリ制作の初めに検討した「アプリのコンセプト」についておさらい。
さらに、「アプリのデザインコンセプト」についても、プロジェクトメンバー全員でおさらいし、確認しました。

アプリのコンセプト
  • このアプリを一言で言うと?
  • キャッチコピー
  • ターゲット
  • アプリでできること
  • このアプリがあると感じる嬉しいこと
デザインコンセプト
  • マドレのフィロソフィーから
  • 想定利用シーンから

こういったコンセプトを基に、三澤さんが中心になりたくさんのアイコンの候補を出してくれました。
どんなアイコンになるのでしょうか、お楽しみに!

※アプリのコンセプトのフレームは株式会社グラグリッドの三澤さんによるものです。

2016年2月1日月曜日

【産後ケアバトン+制作日誌】UIデザイン検討


こんにちは、マドレボニータの林です。

産後ケアバトン+プロジェクトのアプリ制作では今、お試し版完成に向けてUIデザインの検討を実施しています。

この機能を使ってもらうために、どういう動線が最適か、この動線を実現するためには、どのような位置にどのような形の色のボタンを配置するのか、ボタンを目立たせるための背景はどんな色かなどなど。

それだけではなく、洗練されていて、使っていて楽しい気分になる、そんなことを考慮して、無限にある選択肢の中から、絞り込んでいく。

この分野のプロフェッショナルである、三澤さんがリードしてくれて進めています。