2016年8月18日木曜日

【ご利用者の声】マドレ基金『産後ケアバトン制度』2016年6月【2】池袋/多胎児の母

産後ケアバトン制度ご利用者の声をご紹介します。

※マドレボニータは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。
社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すため、教室の受講料を補助しています。
2016年6月は、18組の親子が制度を利用して産後の心身のリハビリに取り組まれました。
◆2016年6月末現在までの『産後ケアバトン制度』受講件数(リピート除く)は483件です

受講後アンケートでお寄せいただいたご感想をご紹介します。



F.Sさま

2016年6月池袋教室

受講事由:
多胎児の母

***
雨の中、1人では絶対に外出せず鬱々とした気分で過ごしていただろう中、
お家までお迎えに来ていただいて、外出してレッスンを受けることができました。
バランスボールを使った運動でリフレッシュできただけでなく、
一週間の過ごし方も変わってきて、生活の中でもエクササイズを
取り入れてみようとかパートナーとこんな話をしてみようとか、
来週はこんな話を聞いてもらいたいとか色んなことを考えながら
しみに待つことで、鬱々とした気分も少し晴れてきました。
先生も明るく受け入れてくださったのですごく嬉しかったです。
先生、ボランティアの皆様、寄付者の皆様、とても感謝しております。
ありがとうございました。
***

マドレボニータでは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すために、教室の受講料を補助しています。対象となるのは、ひとり親/多胎児の母/障がいのある児の母/早産・低体重児の母/21日以上入院した児の母/妊娠中45日以上入院した母/10代で出産した母/東日本大震災で避難中の母など。


みなさまのまわりにこのような事情を抱えながら産後を過ごしている方はいらっしゃいませんか?

産後ケアバトン制度は2014年9月コースより、合同会社西友さまの助成にて、平均月17組の母子をサポートできるようになりました。まだまだお受け入れが可能です。制度の利用対象に該当しそうな方へ、ぜひ「産後ケアバトン制度」をご紹介ください!

ご紹介の方法
(1)マドレボニータの公式サイトの「産後ケアバトン制度」のページをご案内いただく
「産後ケアバトン制度」で検索していただければヒットします。

(2)紙のニューズレターを印刷してお渡しいただく。
少しお手数をおかけしますが、こちらのPDFファイルを印刷いただき、お渡しいただけると制度の内容とお申し込み方法をお分かりいただけます。
このニューズレターの配布・設置にご協力いただける病院や自治体の窓口、子育てサロンなどがいらっしゃいましたら、マドレボニータ事務局までお知らせください。
info@@madrebonita.com ←@を一つにしてお送りください。



 

【ご利用者の声】マドレ基金『産後ケアバトン制度』2016年6月【1】学芸大学/早産児・低出生体重児の母

産後ケアバトン制度ご利用者の声をご紹介します。

※マドレボニータは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。
社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すため、教室の受講料を補助しています。
2016年6月は、18組の親子が制度を利用して産後の心身のリハビリに取り組まれました。
◆2016年6月末現在までの『産後ケアバトン制度』受講件数(リピート除く)は483件です

受講後アンケートでお寄せいただいたご感想をご紹介します。



C.Tさま

2016年6月学芸大学教室

受講事由:
早産児・低出生体重児の母

***
母になると、家族や子供のために自分を犠牲に「しなければいけない」
というイメージがありました。そんな人になりたくない、母親になっても
自分らしく生きてはいけないの?という葛藤がずっとあり、幸せなはずなのに、
妊娠中はささいなことでイライラしていました。
早産であったことを、そんな自分のせいではと、落ち込んだりもしていました。
マドレボニータのクラスで、いろんなお母さんのいろんな考え方だったり、

インストラクターのヨーコ先生のポジティブなお話を通して、
古い価値観を嫌だといいつつ、自分で自分を縛り付けていたんだなあと、
気づく事ができました。
すごく前向きになれました。ありがとうございます!
大変な思いをしている産後ケアバトン制度に該当するお母さんたちに、

前向きになってほしいなと思いました。
***

マドレボニータでは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すために、教室の受講料を補助しています。対象となるのは、ひとり親/多胎児の母/障がいのある児の母/早産・低体重児の母/21日以上入院した児の母/妊娠中45日以上入院した母/10代で出産した母/東日本大震災で避難中の母など。


みなさまのまわりにこのような事情を抱えながら産後を過ごしている方はいらっしゃいませんか?

産後ケアバトン制度は2014年9月コースより、合同会社西友さまの助成にて、平均月17組の母子をサポートできるようになりました。まだまだお受け入れが可能です。制度の利用対象に該当しそうな方へ、ぜひ「産後ケアバトン制度」をご紹介ください!

ご紹介の方法
(1)マドレボニータの公式サイトの「産後ケアバトン制度」のページをご案内いただく
「産後ケアバトン制度」で検索していただければヒットします。

(2)紙のニューズレターを印刷してお渡しいただく。
少しお手数をおかけしますが、こちらのPDFファイルを印刷いただき、お渡しいただけると制度の内容とお申し込み方法をお分かりいただけます。
このニューズレターの配布・設置にご協力いただける病院や自治体の窓口、子育てサロンなどがいらっしゃいましたら、マドレボニータ事務局までお知らせください。
info@@madrebonita.com ←@を一つにしてお送りください。



 

【ご利用者の声】マドレ基金『産後ケアバトン制度』2016年5月【3】二子玉川/妊娠22週以降に連続45日以上入院した母

産後ケアバトン制度ご利用者の声をご紹介します。

※マドレボニータは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。
社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すため、教室の受講料を補助しています。
2016年5月は、17組の親子が制度を利用して産後の心身のリハビリに取り組まれました。
◆2016年5月末現在までの『産後ケアバトン制度』受講件数(リピート除く)は465件です

受講後アンケートでお寄せいただいたご感想をご紹介します。



H.Iさま

2016年5月二子玉川教室

受講事由:
妊娠22週以降に連続45日以上入院した母

***
今回講師の方の紹介でこの制度を知り、本当に温かい制度だと思いました。
産後数ヶ月は廃人のような生活だったので、

ケアが必要だとは思っていても気力体力、環境を整えて
通うまでのハードルが高く、
自分のケアにそこまですべきかの葛藤もありました。
ただ、ここまで手厚く迎えてくれる場所も特に産後はそうないと感じ、
ありがたく、そして前向きな気持ちでレッスンに臨みました。
参加してみて、体、頭が気持ちよく鍛えられ、
意識の高い優しく頼もしい仲間に出逢えたことで
とても元気になれました。
自分もボランティアか寄付の形でこれから大変な産後を
迎える方へお手伝いしたいと思っています。
***

マドレボニータでは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すために、教室の受講料を補助しています。対象となるのは、ひとり親/多胎児の母/障がいのある児の母/早産・低体重児の母/21日以上入院した児の母/妊娠中45日以上入院した母/10代で出産した母/東日本大震災で避難中の母など。


みなさまのまわりにこのような事情を抱えながら産後を過ごしている方はいらっしゃいませんか?

産後ケアバトン制度は2014年9月コースより、合同会社西友さまの助成にて、平均月17組の母子をサポートできるようになりました。まだまだお受け入れが可能です。制度の利用対象に該当しそうな方へ、ぜひ「産後ケアバトン制度」をご紹介ください!

ご紹介の方法
(1)マドレボニータの公式サイトの「産後ケアバトン制度」のページをご案内いただく
「産後ケアバトン制度」で検索していただければヒットします。

(2)紙のニューズレターを印刷してお渡しいただく。
少しお手数をおかけしますが、こちらのPDFファイルを印刷いただき、お渡しいただけると制度の内容とお申し込み方法をお分かりいただけます。
このニューズレターの配布・設置にご協力いただける病院や自治体の窓口、子育てサロンなどがいらっしゃいましたら、マドレボニータ事務局までお知らせください。
info@@madrebonita.com ←@を一つにしてお送りください。



 

2016年7月22日金曜日

【産後ケアバトン+制作日誌】デザイナーが果たす役割

CivicTechLive7月号 社会を変えるデザインでマドレボニータのアプリ「ファミリースタート」のデザインについて紹介して頂きました。



デザインをお願いしている、三澤 直加さんが登壇、「社会課題にチームで挑むとき"デザイン"にできること」というテーマで、福島の浪江町の事例とマドレボニータのアプリの事例で社会課題解決にデザインが果たす役割について話をしました。



もう間もなくリリースを予定しているこのアプリ。制作を通じて私なりにデザインについて感じていることを言語化してもらった感覚もありました。


扱っている社会課題を正確に捉えることはもちろん、上流工程から入って、実際に手を動かしてアプリの中身をデザインし作るところまで、しっかり関わって頂くことで、団体のフィロソフィーをデザインに落とし込むことが可能になるのではないか、裏を返すとそのくらい密に関わって頂く必要があって、一朝一夕にはできない気がします。

それと同時に、デザイナーの方自身がその社会課題を解決することへのモチベーションと楽しむ力を持っている、というのも必要な要素なのかもしれません。

今更ながら、このイベントでみなさんのトークをききながら、プロジェクトチームの中でデザイナーの果たす役割の大きさを反芻しております。


【アプリ「ファミリースタート」を使った出産準備について学びませんか】

西東京市市民協働推進センター「ゆめこらぼ」さんとアプリ「ファミリースタート」をダウンロード、実際に触れていただき、出産準備について学んでいただくイベントを開催します。

西東京市にお住まいの妊娠中または妊娠・出産をお考えのカップルやご家族をご存知でしたら、ぜひこのイベントをご紹介くださいね。もちろん、妊婦さんやパートナー、ご家族だけでの単身でも可能です。

日時:8 月 27 日(土)13:30-16:30
場所:障害者総合支援センター「フレンドリー」
講師:NPO 法人マドレボニータ 理事 林理恵 事務局次長 太田智子
当日、お1人1台ずつスマホ端末をお持ちになってください。


2016年7月20日水曜日

【ご利用者の声】マドレ基金『産後ケアバトン制度』2016年5月【2】二子玉川/多胎児の母

産後ケアバトン制度ご利用者の声をご紹介します。

※マドレボニータは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。
社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すため、教室の受講料を補助しています。
2016年5月は、17組の親子が制度を利用して産後の心身のリハビリに取り組まれました。
◆2016年5月末現在までの『産後ケアバトン制度』受講件数(リピート除く)は465件です

受講後アンケートでお寄せいただいたご感想をご紹介します。



竹生 美穂さま

2016年5月二子玉川教室

受講事由:
多胎児の母
***
子供が3歳になるギリギリ前の月でようやく参加させていただけることになりました。このような機会を頂けたことに本当に感謝しております。

3歳になる双子(一人が医療ケア児でした)と4か月の赤ちゃん、三児の母です。

妊娠中に3か月入院し、29週で双子を出産。

出産後は歩くのも困難なほど筋肉が落ちましたが、2か月半、
子供がNICU/GCUを退院するまで電車を乗り継ぎ毎日病院に通いました。

子供が退院後は3か月自宅で生活をしていましたが、

双子の兄が未熟児ならではの病気になり、生後5か月で気管切開、
5か月間母子同室で入院、1歳になる前の月にようやくまた自宅に戻り
家族そろって生活できるようになりました。
その後は人工呼吸器をつけての生活が1年、昨年末に気管切開チューブを卒業し、

ようやく今年の春に双子そろって保育園に通える事になりました。

長くなりましたが、、妊娠前から通いたいと思っていたマドレの講座に

3年かけてようやく通える状況になりました。
何かプラスになることがあるだろう!と漠然とした気持ちで

レッスンに通いましたが、期待以上だったなと感じています。
何を喋っても大丈夫!という雰囲気はマドレならではかなと。
インストラクターの先生や同じクラスの皆さんに感謝しています。

医療ケアが必要な親御さんに向けた講座や産後ケアバトン制度のよりよい改善

など、私で力になれることがあればぜひまたお声がけください。
一人でも多くの方がこの制度を利用してプラスになればよいなと思っています。
***

マドレボニータでは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すために、教室の受講料を補助しています。対象となるのは、ひとり親/多胎児の母/障がいのある児の母/早産・低体重児の母/21日以上入院した児の母/妊娠中45日以上入院した母/10代で出産した母/東日本大震災で避難中の母など。


みなさまのまわりにこのような事情を抱えながら産後を過ごしている方はいらっしゃいませんか?

産後ケアバトン制度は2014年9月コースより、合同会社西友さまの助成にて、平均月17組の母子をサポートできるようになりました。まだまだお受け入れが可能です。制度の利用対象に該当しそうな方へ、ぜひ「産後ケアバトン制度」をご紹介ください!

ご紹介の方法
(1)マドレボニータの公式サイトの「産後ケアバトン制度」のページをご案内いただく
「産後ケアバトン制度」で検索していただければヒットします。

(2)紙のニューズレターを印刷してお渡しいただく。
少しお手数をおかけしますが、こちらのPDFファイルを印刷いただき、お渡しいただけると制度の内容とお申し込み方法をお分かりいただけます。
このニューズレターの配布・設置にご協力いただける病院や自治体の窓口、子育てサロンなどがいらっしゃいましたら、マドレボニータ事務局までお知らせください。
info@@madrebonita.com ←@を一つにしてお送りください。



 

【ご利用者の声】マドレ基金『産後ケアバトン制度』2016年5月【1】東高円寺/多胎児の母

産後ケアバトン制度ご利用者の声をご紹介します。

※マドレボニータは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。
社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すため、教室の受講料を補助しています。
2016年5月は、17組の親子が制度を利用して産後の心身のリハビリに取り組まれました。
◆2016年5月末現在までの『産後ケアバトン制度』受講件数(リピート除く)は465件です

受講後アンケートでお寄せいただいたご感想をご紹介します。



S.Aさま

2016年5月東高円寺教室

受講事由:
多胎児の母
***
妊娠前からマドレボニータのことは知っており、
産後はぜひとも受講したいと思っていましたが、
双子妊娠が分かった時に諦めました。しかし朝日新聞で双子ママが
クラスに参加している写真を見て、「産後ケアバトン制度」を知り、
参加しようと思うことができました。
この制度を使って受講してみて、ボランティアの皆さまが
双子の第2の母として接してくださり、私が少しでもレッスンに集中できるよう、
また道中不安なく過ごせるよう配慮してくださったことで、
あんなにも不安だった双子との外出(しかもランチまで!)が可能となり、
本当に感謝しています。
また出先での双子の鳴き声におびえる私のストレスリリーフも
してくださいました。
外出自体が億劫となってしまう多胎、障害児などの高い高いハードルを、
低くしてくれるこの制度、本当に素敵なものでした!
この制度のおかげで、クラスに参加でき、その結果自分自身に
向き合う作業ができたことは本当に貴重でした
ありがとうございました。
***

マドレボニータでは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すために、教室の受講料を補助しています。対象となるのは、ひとり親/多胎児の母/障がいのある児の母/早産・低体重児の母/21日以上入院した児の母/妊娠中45日以上入院した母/10代で出産した母/東日本大震災で避難中の母など。


みなさまのまわりにこのような事情を抱えながら産後を過ごしている方はいらっしゃいませんか?

産後ケアバトン制度は2014年9月コースより、合同会社西友さまの助成にて、平均月17組の母子をサポートできるようになりました。まだまだお受け入れが可能です。制度の利用対象に該当しそうな方へ、ぜひ「産後ケアバトン制度」をご紹介ください!

ご紹介の方法
(1)マドレボニータの公式サイトの「産後ケアバトン制度」のページをご案内いただく
「産後ケアバトン制度」で検索していただければヒットします。

(2)紙のニューズレターを印刷してお渡しいただく。
少しお手数をおかけしますが、こちらのPDFファイルを印刷いただき、お渡しいただけると制度の内容とお申し込み方法をお分かりいただけます。
このニューズレターの配布・設置にご協力いただける病院や自治体の窓口、子育てサロンなどがいらっしゃいましたら、マドレボニータ事務局までお知らせください。
info@@madrebonita.com ←@を一つにしてお送りください。