2017年3月15日水曜日

◆マドレイベントスケジュール ~ まどれ暦 ~

単発講座・イベントを一覧でお知らせします。ぜひご参加ください!
詳細は講座/イベント名のリンクをご覧ください。

全国の産後ケア教室を探すのはこちらから
公式サイトで自治体・企業・団体との取り組みをご紹介しております

【産前・産後の方向け】
◆【定期開催】毎週月曜日、第2・第4水曜日 10:00-11:30
聖路加産科クリニック産前産後エクササイズ

◆【定期開催】東京都北区の児童館にて毎月3回開催。妊娠中の方もご参加いただけます
『産前産後のセルフケア講座』北区在住の方向け

【定期開催】東京都葛飾区の児童館にて定期開催。
『産後のセルフケア講座』葛飾区区在住の方向け
※詳細お申込みは葛飾区公式サイト>イベント案内>児童館のイベント>妊産婦向け講座 をご覧ください。


◆【定期開催】毎月第2・第4金曜 10:00-11:30 神奈川県・横浜市青葉区
『心とからだを整える産後のセルフケア』(アートフォーラムあざみ野)

◆3/20(月・祝)10:30-11:30 茨城県・鹿嶋市
『産後ケア無料体験イベント(マタニティ・産後)』(講師:若菜ひろみ/主催:NPO法人ファーストペンギンネットワーク)

◆3/21(火)10:30-12:30 北海道・札幌市白石区
『赤ちゃんとはじめる!マタニティ&産後のからだケア体験レッスン』(講師:永野間かおり)

◆3/23(木)13:30-14:30 北海道・札幌市白石区
『ユキコカンガルー助産院・マタニティ&産後のバランスボールクラス』(講師:永野間かおり)

◆3/26(日)10:00-12:00 北海道・北見市
『愛成病院・マドレボニータのマタニティ&産後のバランスボールクラス』(講師:永野間かおり)


【産後の方向け】 
◆『産後のバランスボール教室』
朝霞台教室・押上教室・三鷹教室・福井教室・恵比寿教室(休講中)

◆【定期開催】毎月第1・第4火曜 10:00-12:00 東京都・文京区 
『産後のセルフケア&バランスボール教室』※文京区在住の方向け
(日時は変動する場合がございます。詳細・お申込みは広報ぶんきょうをご確認ください)


【卒業生向け/単発講座】
◆4/14(金) 12:30-14:20 東京都・杉並区(東高円寺)
『ボールエクササイズ/ウォーキング教室』(講師:白石あすか)

◆5/17(水) 12:30-14:25 東京都・杉並区(高円寺)
『ボールエクササイズ/ウォーキング教室』(講師:竹下浩美)


【カップル向け・その他】
◆3/20(月・祝)13:30-14:30 茨城県・鹿嶋市
『産後ケア無料体験イベント(カップル)』(講師:若菜ひろみ/主催:NPO法人ファーストペンギンネットワーク)


【イベント】 
◆4/11(月)10:00-12:0 東京都・江東区
『育休復帰準備ワークショップ2017』(講師:仲井果菜子/主催:「育休復帰準備ワークショップ2017」実行委員会)

◆1/28(土)13:30-16:30 東京都・目黒区
『第8回NECワーキングマザーサミット』
終了しましたが、当日のツイッター中継まとめをコチラからご覧いただけます。


【ボールエクササイズ指導士に興味がある方へ】
『ボールエクササイズ指導士養成コース説明会』
<名古屋会場>
1/23(月)10:30-12:00 終了しました

<京都会場>
2/25(土)14:00-15:30 終了しました

<東京会場>
【第1回】1/26(木)13:30-15:00 終了しました
【第2回】2/23(木)13:30-15:00 終了しました
【第3回】3/30(木)13:30-15:00

2017年3月5日日曜日

【産後の助け合いエピソード】一人の人間として扱われる時間が、嬉しく、かけがえのないもの

2015年6月に三人目のお子さんをご出産された吉田志保さん。
産褥期は、志保さんのご実家で過ごすことを選択しました。

「長女と次女は、毎日下校・降園後、晩ご飯まで実家で過ごし、その後は自宅に戻る、というスタイルを取りました。」
と志保さん。

ご実家での生活はどうだったのでしょうか?
実は志保さんのご実家は自営業。商店街の中でお店を構えているというとてもオープンな環境です。



「みんな、アポなしで家に訪ねてくるのが普通なので笑、そうやって訪ねてきてくれる人たちと、短時間のおしゃべりができたのは良かったです。みんな、ふら〜っと、『どう?』って寄ってくれるんです。」(志保さん)

パートナーの関わりはどうだったのでしょうか?

「実家で夕食を食べた後、帰宅してから翌日学校や保育園に行くまでは、夫がひとりで担っていました」

また、パートナーのサポートについて忘れられない出来事がある、と志保さんは言います。

「退院二日後くらいにぐっと気持ちが落ち込んで、思わず夫に電話したんです。そしたら半休を取って駆けつけてくれて、たくさん話を聞いてくれました。実家の家族には話しにくいので、ありがたかったです」

外の風を運んできてくれたり、ただただ話を聞いてくれたり…

目の前の赤ちゃんのことでいっぱいになりがちな時期だからこそ、一人の人間として扱われる時間が、嬉しく、かけがえのないものとなるように思えます。


【LINE@アカウントでボニータさんのつぶやき聞けます】
マドレボニータではこのたび、LINE@アカウントを開設しました。
こちらのURLでぜひ友だち登録してくださいね。
https://line.me/R/ti/p/%40rbz7033o

2017年3月1日水曜日

【産後の助け合いエピソード】する側も、される側も嬉しい、そんな「助け合い」

2016年10月に、第3子をご出産された関口幸季さん。

幸季さんは、自宅近くの病院で出産し、出産後も自宅で過ごす形を選択しました。幸季さんのパートナーやお母様、お友達や産後ドゥーラなど、様々な形でのサポートを受けながら過ごした産後の、忘れられない「助け合い」エピソードを伺いました。



「休みの日に、他の家族(夫、長男、長女、祖母)がテーマパークに遊びに行った時があったんです。姉が、子どもたちのリフレッシュがてら連れ出してくれました。みんなが出かけたあと、赤ちゃんと二人でまったりと留守番をしていたところへ、アポなしでお友達が会いに来てくれたんです、スープとパンを持って。」と幸季さん。

「ちょうど寂しくなる夕方の時間帯で、赤ちゃんと、ぽつーんと過ごしてたところだったので、突然のことに、ものすごく嬉しいやらびっくりするやらウキウキするやらで笑。いろんなことを話しまくりました。その後、お出かけ組も大満足で帰ってきて、今日一日、家族全員が、誰かのサポートのおかげで、すごく充実した一日を過ごせたんだな、幸せだな、と感じました。」

誰かに支えてもらう、ということは、ともすれば「相手に迷惑をかけてしまうのでは?」という危惧と結びついてしまいがちです。

しかし、幸季さんのエピソードからは、支えてもらうことの喜び、また、支える側の喜びも、確かに感じ取ることができます。

する側も、される側も嬉しい、そんな「助け合い」のあり方が、次の「助け合い」を生んでいくのではないでしょうか。

【LINE@アカウントでボニータさんのつぶやき聞けます】
マドレボニータではこのたび、LINE@アカウントを開設しました。
こちらのURLでぜひ友だち登録してくださいね。
https://line.me/R/ti/p/%40rbz7033o

2017年2月27日月曜日

ご存じですか?「パレット共済会」加盟企業105法人の社員と配偶者は「産後ケア教室」の受講料が最大半額補助されます!

合同会社西友、()若菜、()良品計画、()クレディセゾンなど105法人が加盟する「一般社団法人パレット共済会」は、20167月より、会員向け「育児メニュー」の一つとして、マドレボニータの法人向けプログラムを導入されています

★一般社団法人パレット共済会(加盟企業一覧は文末をご参照ください)★
パレット共済会は、会員の相互扶助によって、会員の皆様の自助努力の支援や、一人一人が安心して働ける環境づくりをサポートする福利厚生制度を運営しています。パレット共済会のサービスは、会員の皆様(会社及び社員)が支払う会費によって運営されています。

そのため、パレット会員とその配偶者は、マドレボニータの「産後ケア教室」を受講される場合、受講料の最大半額()がパレット共済会から補助されます(一旦全額自費負担、後日申請方式)。
※「杉並子育て応援券」などのバウチャーを利用された方は、バウチャー利用額を引いた額に対して半額の補助となります。


ぜひ、パレット共済会の加盟企業にお勤めのパレット会員の方、パートナーがパレット会員の方は、この素敵な「育児メニュー」を活用して、産後の心と体のリハビリと仲間づくりをしてくださいね!


去る22()には、池袋にて、パレット共済会の加盟企業のご担当者様を対象にした「育児メニュー説明会」が開催されました。
その中で、マドレボニータは「『産む前』からの復職支援」というタイトルで90分のお話とコミュニケーションワークをさせていただきました。



 ご参加者からは、
  • とてもわかりやすい内容だったと思います。利用者が増えるよう社内で通知したいです。
  • 女性が産後、復職をするまでに様々な障壁を経て復帰をしなければいけないことを認識することができました。
  • 普段社員にアナウンスしていないようなことを知ることができました。
  • 自分には子どもがいないので、産んだ後の過ごし方が重要なことがわかって良かった。社員にも情報提供できたらと思います。

といった感想をいただきました。

パレット共済会と加盟企業の人事担当部門や労働組合の双方から「産後はマドレボニータのプログラムでリハビリができる!」ということをお伝えいただき、おひとりでも多くの方にご活用いただきたいと思っています。
マドレボニータからもこのすばらしいお取り組みについて、発信していきます。

▼パレット共済会を含む、提携利用できる法人についてはこちらでご覧いただけます

▼法人向けプログラムの導入についてはこちらにてご紹介しております


★パレット共済会 加盟企業一覧(2017124日現在/五十音順 敬称略)★
朝日ビジネスサポート()
()アール・ケイ・トラック
()アイシス
()アゴーラ・ホスピタリティー・グループ
()アゴーラ・ホテルマネジメント伊豆
()アゴーラ・ホテルマネジメント東京
()アサヒコ
朝日工業() 埼玉事業所
朝日物流()
()アトリウム債権回収サービス
()アトリウム
()アントステラ
()イープラス
()イープラス・ライブ・ワークス
ウォルマート・ジャパン・ホールディングス ()
栄食メディックス()
()エール
()NTTデータスミス
エムエフエス()
()オートピア西洋
()沖縄ファミリーマート
()沖縄マックス化粧品販売
()沖縄吉野家
()関西吉野家
()北日本吉野家
()木下の保育
()キュービタス
株式会社京樽
()グリーンズプラネット
()クレディセゾン
興銀オートリース()
合同会社西友ミッドナイト事業部
()コンスタンツ
()コンチェルト
サンフード()
ジェーピーエヌ債権回収()
首都高トールサービス西東京()
()ジョイアス・フーズ
()上武
()
()スマイル
西新サービス()
合同会社西友 
()西友サービス

-->
()西友プロキュアメント
()西洋ハウジング
西洋フード・コンパスグループ()
(一財)セゾン現代美術館
セゾン自動車火災保険()
()セゾン情報システムズ
セゾン投信株式会社
()セゾンパーソナルプラス
()セゾンファンデックス
公益財団法人セゾン文化財団
()セゾン保険サービス
()ZENウェルネス
()千吉
()ZENホールディングス
()タカノ機械製作所
()タケダサービス
千代田給食サービス()
()ティー・ピー・エス
()中日本吉野家
()西日本吉野家
()ヌーヴ・エイ
()ハーレーダビットソンシティ
()パディ・アジア・パシフィック・ジャパン
()はなまる
()パルコ
()パルコ・シティ
()パルコスペースシステムズ
パレット企業年金基金
一般社団法人パレット共済会
パレット健康保険組合
社労士法人 パレットコンサルティング
()BMLフード・サイエンス
()フェス
富士ラベル()
()ベストホスピタリティーネットワーク
豊栄産業()
()ホテルロイヤルオリオン
()毎日が発見
()丸の内ポールスター
()MUJI HOUSE
ユーシーカード()
()ユニホー
ユーロフィンEAC()
()横浜グランドインターコンチネンタルホテル
()吉野家
()吉野家ホールディングス
()ラークヒルズ札幌
()ライフポート西洋
()リウボウ
()リウボウインダストリー
()リウボウ商事
()リウボウストア
()リウボウフーズ
()リウボウホールディングス
()リウボウ旅行サービス
()リバティジャパン
()リビエラリゾ−ト
()リブロ
()流通アシスト
()良品計画
-->
()若菜

【産後の助け合いエピソード】赤ちゃんのお世話だけではなく、産後の家庭をまるごとサポートしたい

今回は産後セルフケアインストラクターの竹下浩美さんのお話です。
2013年に次男を出産した浩美さん。
いよいよ退院、新生活スタートという日に、なんと長男のYくんが発熱で保育園からお呼出し…。結果はインフルエンザでした。

パートナーの亮さんが、さっそく産褥ヘルプのグループチームにそのことをシェアしてくださいました。



「感染の恐れもあるので、ヘルプで来訪いただくことが難しいと思います。浩美と次男は実家に行ってもらうのがよいか、考え中です」。

その投稿のコメントに、「もし良かったら、ご実家への移動付き添いましょうか?」と声をかけたのが、同僚のインストラクター、吉田紫磨子さんでした。

「結局、実家の千葉まで紫磨子さんが車を出してくれて、わたしと赤ちゃんを運んでくれたんです。」(浩美さん)

浩美さんと赤ちゃんが実家で養生している間、男同士で過ごす竹下家にも、協力なサポーターが現れました。

おむすびやおかずを差し入れたり、熱が下がって退屈しているYくんの遊び相手になったり…「産婦不在の産褥ヘルプ」がいくつも生まれていきました。
ヘルプに集まった母たちは、病児をかたわらにおいてのご飯づくりが大変なこと、また、

快方に向かう病児が案外元気を持て余していることも身を以て知っています。
「わたしはその間、実家でじっくり養生できて、本当にありがたかったです。ほんとに、みんな神様かと!」と浩美さん。

赤ちゃんのお世話だけではなく、産後の家庭をまるごとサポートしたいという思いから、新しい「産後の助け合い」の形が生まれました。


【LINE@アカウントでボニータさんのつぶやき聞けます】
マドレボニータではこのたび、LINE@アカウントを開設しました。
こちらのURLでぜひ友だち登録してくださいね。
https://line.me/R/ti/p/%40rbz7033o

2017年2月26日日曜日

【声】少しずつですが、コーヒー1杯分だったら私にも応援できそうかな〜マドレ応援団 応援メッセージ〜


マドレボニータの活動を継続的なご寄付で支えてくださる「マドレ応援団」。

このたび、以前マドレボニータでインターンとして働いてくださった「ますくん」こと小杉真澄さんがマドレ応援団にご入団★くださいました!



(写真はインターン時代の1枚。カメラを首から下げているのがますくんです)


現在ますくんは、子どもたちの教育の機会をサポートするNPO法人キッズドアに勤務しながら、「すぎなみレッドリボンプロジェクト」で若者への性感染症などの啓発活動にも関わっていらっしゃいます。


▼NPO法人キッズドア
http://www.kidsdoor.net/

▼ますくんもご出演!すぎなみレッドリボンプロジェクトの啓発動画はこちら
https://goo.gl/6tmkHn


マドレ応援団としては最年少!のますくんからお寄せいただいたメッセージをご紹介します。

元インターンのますくんです。
ずっとマドレに寄付できるようになりたいなあと思っていたのですが、やっと少しだけ大人になりましてw
大変少額で恐縮なのですが、毎月応援できればと思っています!
今後ともどうぞよろしくお願いします。



また、「できることから少しずつですが、コーヒー1杯分だったら私にも応援できそうかなと思い、今回申し込みました!」ともお話してくれました。


以前、Googleインパクトチャレンジにマドレボニータが応募した際には、
「産後の女性の笑顔は、未来の自分の笑顔だから」と応援してくださったますくん。
こうして、これから母になる、子育てに取り組む人たちにも産後ケアを支えていただけることを本当にありがたく思いますし、ますくんが取り組んでいるような若者の未来を応援する活動にも、もっともっと注目が集まることを願っています。


ますくん、これからも若者たちと産後女性の心強い応援団として、どうぞよろしくお願いいたします!


 マドレ応援団(継続寄付)のご案内  

より多くの女性に産後ケアを届けるための活動をサポートしたい、見守っていきたいと思ってくださる方、毎月クレジットカードでご支援いただける『マドレ応援団』としての
ご支援をお待ちしております。(男性も約3割いらっしゃいます!)


マドレ応援団の詳細はこちらをご覧ください
http://www.madrebonita.com/wordpress/?page_id=9594


(文責:マドレボニータ事務局 北澤ちさと)

2017年2月20日月曜日

【産後の助け合いエピソード】自分で体験してみるとまた違った驚き

2015年7月に第一子を出産した若菜ひろみさん。
マドレボニータの産後セルフケアインストラクターとして、産後の身体のことを熟知しているひろみさんですが、自分で体験してみるとまた違った驚きがあったそうです。

「仕事柄、産褥期(産後6〜8週)の大変さはさんざん聞いてきていたつもりでした。でもその大変さの度合いが、想像していたのとぜんぜん違って。『寝られないのって、こんなにつらいんだ!』って」

その驚きは、産褥期明けにも続きました。
妊娠中から、産後のリハビリ、社会復帰を視野に準備を進めていたひろみさんは、産後2か月で、仲間のインストラクターが開講する産後ケア教室に参加しました。

「初回はもう、ヘロヘロの状態で行きました。教室は月島なので、移動は車で、と思っていたんですが、運転しようにもハンドルが握れない。産後って握力も落ちるんだ!と驚きました。」



ひろみさんには、出産したら一緒に産後ケア教室を受講しようと言っていた仲間がいました。
2か月ほど出産が早かった彼女に相談したところ、
「それならわたしの車に乗って行く?」と快く申し出てくれたそう
です。
「わたしが回復してからはわたしの車に彼女が乗って。そうやってお互いの車にかわりばんこに乗りながら行くのは、楽しかったし心強かったですね」

「同じ産後の母同士でも助け合えることってたくさんあるんだとおもうんです」
とひろみさん。

教室で出会った仲間とのつながりも、大切なものになっているそう。

「教室に通った後も、気軽に連絡し合える仲間になっています。子どもが病気になったり、ちょっと大変になりそうな状況で、ひとりで抱え込むのではなく、仲間に『今こんな状況で…』って言うことができる。仲間どうしで励まし合うことができるというのは
本当にありがたい、と思ってます。」

【LINE@アカウントでボニータさんのつぶやき聞けます】
マドレボニータではこのたび、LINE@アカウントを開設しました。
こちらのURLでぜひ友だち登録してくださいね。
https://line.me/R/ti/p/%40rbz7033o